会社沿革

 蔵王連邦の麓、山形市の北東部に位置する山家町に1890年(明治23年)より、初代武田正五郎が始めた蔵元です。

豊かな自然と蔵の技を駆使して、個性ある酒造りを目指しており、現代社会に生きる人たちの味覚に合うように、新しい米を使用した酒造りに果敢にチャレンジする蔵元です。


(代表銘柄)

 庄五郎

 秀鳳